天上山(東京都神津島村)

天上山不動池

神津島の中央に位置する変化に富んだ山

廃墟撮影ため訪れた神津島。廃墟と言っても元々の目的は1つか2つ程度だったので時間を持て余すことになり、島の人の勧めもあってやってきたのが天上山。
島の中央に位置し標高572mというそんなに高くない山ではあるが、登山をするような予定はなかったので渋々訪れたのだ。
ところが実際に上ってみると、景観が本当に素晴らしい。離島ではあるが東京都にあるとは思えない風景で、日本の中でも珍しい部類の景観になるのではないだろうか。

ババア池

ギャラリー写真の左上のものがそうだが、ババア池と名付けられた池がある。
榊の葉を採りによく来たからことからババア池、なんだそうで、最初にこの池を見た時のインパクトが大きかった。湿地帯のような地形で、草が池の底に沈み込んでいるかのような感じの地形となっており、撮影した際に風変わりな絵になる。

不動池

天上山のメインとなる観光スポットの一つで、池の形状がハート型をしているところからパワースポットであると思われているらしい。
島の中心には小さな島があり、龍神が祀られているほこらがある。
晴れていればもう少しきれいに写ったのかもしれないが、この日は霧が出ており、これはこれで幻想的な風景を撮影することができた。

表砂漠

この山の魅力は「池」「緑」そして「砂漠」があるところだろう。
小さな山であるはずなのに、こんなにも表情が豊かなのは本当に不思議である。
裏砂漠というところがより広いそうだが、今回は時間の関係で断念。しかしこの表砂漠も相当広く、砂漠のような風景が広がっていて、風などで風化した岩がそこらじゅうにごろごろしている。
岩も特徴的な削られ方をしており、これを見るだけでも日本ではない何処かに着てしまった感がある。

The following two tabs change content below.
中の人は廃墟7割、離島1割、珍スポ1割、モデル撮影1割で構成されていると思われるフォトグラファー。廃墟好きをこじらせていろんなアイテムを作って遊んでます。
About ruins.photo 45 Articles
中の人は廃墟7割、離島1割、珍スポ1割、モデル撮影1割で構成されていると思われるフォトグラファー。廃墟好きをこじらせていろんなアイテムを作って遊んでます。