稲取隔離病棟(静岡県東伊豆町)

稲取隔離病棟入り口

森の中の診療所とも言われる結核患者隔離施設

「森の中の診療所」とシルバニアファミリーに出てきそうな響きだが、実際には初期症状から中期症状の結核患者を中心とする各感染症の患者を隔離するために作られた施設。
国道135号線にある友路トンネルを抜けたすぐ側にあるが、車の往来が激しい割に片側1車線の細い道路であるため車を近くに止めて置ける場所はない。またトンネルすぐ側にあるが、崖を降りていかなければならず道路からその姿を見ることはできない。

この施設は記録によると1958年に開業し1982年閉鎖となっているが、閉鎖に関しては割と新しい方なのかもしれない。
この閉鎖に絡む事件として、1978年(昭和53年)に発生した伊豆大島近海地震がを挙げている人がいた。震災当初は近くを走る国道135号線が寸断され、交通の便がなくなってしまったことが起因しているそうだ。

入ってみると落書きのような荒らされた箇所は少ないが、老朽化による損壊は進行しているようで一部は崩壊しかかっている箇所も見受けられた。
周りは民家があるような場所もなく(そもそも海と山に囲まれた場所で平地がない)さぞかし寂しい場所だったのではないかと考えられる。

The following two tabs change content below.
中の人は廃墟7割、離島1割、珍スポ1割、モデル撮影1割で構成されていると思われるフォトグラファー。廃墟好きをこじらせていろんなアイテムを作って遊んでます。
About ruins.photo 44 Articles
中の人は廃墟7割、離島1割、珍スポ1割、モデル撮影1割で構成されていると思われるフォトグラファー。廃墟好きをこじらせていろんなアイテムを作って遊んでます。