金瓜石鉱山(台湾新北市)

金瓜石鉱山-サイロ下

台湾が誇る巨大廃墟であり、遺産

台湾にはいくつか有名な廃墟があるものの、一般人から見ても有名な廃墟と言えば金瓜石鉱山に他ならない。
鉄道工事中に基隆市で砂金が見つかり、続いて九份でも金が見つかったことを皮切りにアジア一の金山としてゴールドラッシュに湧いた。鉱山は大日本帝国統治時代も含め開発、管理が進められたと言われているが、1987年に閉山となりその歴史が終了することになる。ちょうど同時期に池島炭鉱も閉鎖となっているが、このことを考えると炭鉱の時代は20世紀終盤には、どこもかなり厳しい状況だったのではないだろうかと思う。

さて、金瓜石鉱山は代表的な建物の他、何に使われていたかわからない施設もいくつか点在しており、廃墟全体で言えばかなり広い範囲になる。
山の麓から見上げれば施設が幾つか見れるものの、老朽化が著しくほとんどの施設が立入禁止になっていた。
過去に行った者の話では、軍艦島と同様、観光地化するための準備が着々と進められており、昔はただの草木が生える空き地だった場所がバスのりばと駐車スペースに置き換わっているなどしているそうだ。

様々な部分で日本の廃墟にはない発見はあるものの、一番面白かったのが鉱毒(おそらくガス)を外側へ逃がす坑道が何本も走っている場所だ。
何匹もの蛇が山を覆うように走っているところは実にダイナミック。訪れた際はぜひ見ることをおすすめする。
なおその坑道に上っている人を何人も見かけたが、どうやっていったのか謎である。時間の関係上、今回は行けずじまいであった。

The following two tabs change content below.
中の人は廃墟7割、離島1割、珍スポ1割、モデル撮影1割で構成されていると思われるフォトグラファー。廃墟好きをこじらせていろんなアイテムを作って遊んでます。
About ruins.photo 35 Articles
中の人は廃墟7割、離島1割、珍スポ1割、モデル撮影1割で構成されていると思われるフォトグラファー。廃墟好きをこじらせていろんなアイテムを作って遊んでます。