太子駅跡(群馬県中之条町)

太子駅跡-奥側

観光地化なるか?山道に突然現れる風情のある駅跡

廃墟としては小規模ながら独特の質感から見ていてワクワクしてしまう太子駅跡。
長野原草津口駅から北側に伸びる山道を走ったところにある廃墟で、1971年5月に廃駅となった。
元々は鉱石を積み込むための施設が設けられた駅だったため、写真のような作りになっている。鉱石輸送が廃止となってしまったあと、この駅も廃駅の時を迎えるが現在では観光地化するための整備が進められており、新しい看板やかつての鉄道を再現するためか新しい線路が一部引かれていた。
壁や柱は非常に趣があるため、少し立ち寄ってみても損はしない場所だ。

The following two tabs change content below.
中の人は廃墟7割、離島1割、珍スポ1割、モデル撮影1割で構成されていると思われるフォトグラファー。廃墟好きをこじらせていろんなアイテムを作って遊んでます。
About ruins.photo 35 Articles
中の人は廃墟7割、離島1割、珍スポ1割、モデル撮影1割で構成されていると思われるフォトグラファー。廃墟好きをこじらせていろんなアイテムを作って遊んでます。