旧北炭清水沢火力発電所跡(北海道夕張市)

旧北炭清水沢火力発電所:2階部分を広角で撮影

北炭の自家用発電施設として存在した夕張の火力発電所跡

かつて北海道炭礦汽船(通称:北炭)が経営していた炭鉱の一つに夕張の炭鉱があったのだが、事業インフラを目的とした火力発電所跡で夕張を代表する遺構と言ってもいいだろう。
清水沢火力発電所は1926年に完成、以後閉山する1990年代まで稼働していたものと思われる。
現在は東亜建材工業株式会社の作業場として建物の大半が利用されている。珍しいことにこの廃墟は作業場として使われている傍ら、先述の会社にて受付を済ませれば、中を見学できるという場所なのだ(2015年訪問時点では受付で名簿にサインをすれば入れた)

またこの建物の美しさを利用した「夕張清水沢アートプロジェクト」という芸術関係のイベントも開催されており、一般の人にも広く公開されている。アートプロジェクトと廃墟の親和性は非常に高いため、こうしたプロジェクトは傍目で見ていても応援したくなるものである。

とはいえ、世界遺産や廃墟を利用した観光スポットにありがちな、景観を整えるための加工や工事はほぼ行われていないため、廃墟と呼ぶにふさわしい状態で残っているところもまた珍しい点として挙げることができるだろう。
もっとも老朽化は日々進んでおり、この場所をどう残していくかが課題となっている側面もあるようだ。

中に入ってみると、1階には計器の並ぶ機械室、階段を上がると利用目的は不明だが、発電所の中でも広いスペースを見ることができる。
どの場所をとっても廃墟としての美しさの魅力で溢れており、アクセスの難しさも高くないことから、可能であればぜひ訪れてもらいたいスポットである。

アクセス・地図

JR石勝線:清水沢駅から徒歩で15分程度。
新千歳空港から車で道東自動車道を経て50分ほどでアクセスできる。

The following two tabs change content below.
中の人は廃墟7割、離島1割、珍スポ1割、モデル撮影1割で構成されていると思われるフォトグラファー。廃墟好きをこじらせていろんなアイテムを作って遊んでます。
About ruins.photo 44 Articles
中の人は廃墟7割、離島1割、珍スポ1割、モデル撮影1割で構成されていると思われるフォトグラファー。廃墟好きをこじらせていろんなアイテムを作って遊んでます。