ホラーゲーム「SIREN」のモデルになった廃村:岳集落(埼玉県秩父市)

岳集落:集落の道

ゲーム「SIREN」に出てくる羽生蛇村のモデルになった集落

ゲームやアニメに出てくるシーンのモデルになった廃虚はいくつかある。
その中でも廃墟らしいという意味でホラーゲームに選ばれたのがこの岳集落だ。

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)が開発した「SIREN」というゲームに「羽生蛇村」という集落が出てくるが、そのモチーフになった場所だ。

ゲーム内の羽生蛇村は傾斜地のような起伏のとんだ場所に古びた日本家屋が並んでいるという感じだったが、この岳集落はそのゲーム内の作りかのような特徴を持っている。
もっともゲームのほうが岳集落に寄せて作っているわけだが。

平坦な場所にある集落よりも、傾斜地のほうがゲーム性があったということなのだろうか。

また山中の森の中ということもあって、日中でも薄暗く感じる場所だった。集落があった当初からこんな感じだったとも思えないが、それでも東側に高い山のあるこの場所は、日差しはあまり差し込まなかったのかもしれない。

1955年(昭和30年)の時点では、10戸の家、44人の人口だったそうだが、いつの間にか誰も住まない土地になってしまったようだ。
おそらく交通機関の発達や仕事の減少などもあって、山を降りていったものと考えられる。

集落自体は写真の通り、ほとんど崩壊しかかっている。一部の建物はかろうじて立っているものの、ほとんどは雨風によるものと、薄暗いジメジメとした場所であることからカビなどの菌類が繁殖し、木造の家屋を確実に崩壊へと導いていることがわかった。

いずれはこの集落にある建物はすべて倒壊し、自然へと還るのだろう。それもそう遠くない未来のことになりそうだ。

所在地

浦山ダムより県道73号線を南に下ると、近くの場所まで来ることができる。
地図上では浦山ダム湖の東側、浦山公民館近くを探すと岳集落が見えるのがわかる。
日向公会堂を目印にして徒歩で行くといいだろう。

About ruins.photo 63 Articles
中の人は廃墟7割、離島1割、珍スポ1割、モデル撮影1割で構成されていると思われるフォトグラファー。廃墟好きをこじらせていろんなアイテムを作って遊んでます。